和歌山市園部で1998年7月、夏祭りのカレーに猛毒のヒ素(亜ヒ酸)が入れられて4人が死亡し、63人が急性ヒ素中毒になったカレー毒物混入事件。林真須美死刑囚(55)が請求している再審(裁判のやり直し)を開くかどうかの判断が、29日に和歌山地裁で示される。争点は何か。

 最大の争点は、確定判決の柱であるヒ素の鑑定だ。

 検察側は、林死刑囚の自宅などから押収したヒ素と、現場のごみ袋に捨てられた紙コップの内側に付いたヒ素粉末が同じものかを検証。放射光施設「スプリング8(エイト)」(兵庫県佐用町)に持ち込み、X線を当てて元素を調べる鑑定をし、「同一の原料、同一の工場で、同一の機会に製造された」との結果を導いた。

 カレー内のヒ素の結晶も構成が似ているとされ、最高裁判決は「カレーに混入されたものと組成上の特徴を同じくするヒ素が、自宅などから発見されている」と指摘。林死刑囚の頭髪から高濃度のヒ素が検出された▽事件当日に唯一、カレー鍋にヒ素を入れる機会があった――ことなどと合わせ、林死刑囚の犯行と認める主な理由とした。

 弁護団は今回、X線分析が専門の河合潤・京都大学大学院工学研究科教授の鑑定書を出した。河合教授はスプリング8での測定回数が「2週間で結論を出す」という制約もあって少なく、誤差を反映していないと指摘。「同一としても矛盾しないと考えられる」とした警察庁科学警察研究所の鑑定も、測定目盛りを粗くして同一と見せるなどトリックがあると主張する。

 一方、和歌山地裁は弁護団が求めた河合教授の証人尋問や、紙コップ内側に付いたヒ素粉末の再鑑定などは実施しなかった。

 林死刑囚は大阪拘置所大阪市都島区)に収容されている。今年2月に同市内で支援者が集会を開催。接見を続けている大堀晃生(おおほりてるお)弁護士(大阪弁護士会)は「去年暮れごろからだいぶ『きつい』と言うようになり、目に見えて痩せてきた」と近況を報告した。

 被害者は再審請求に戸惑いを隠せない。「今さら何なんだろうというのが正直な気持ちです」。事件で急性ヒ素中毒になり、17日間入院した濱井裕見子さん(62)が話す。「まだ後遺症に苦しむ人もいる。事件が、多くの人生を変えたことに変わりはないのです」



■カレー毒物混入事件の流れ

1998年7月 和歌山市園部で発生

   10月 和歌山県警が別事件で林真須美死刑囚を逮捕

   12月 県警が毒物混入事件で再逮捕、和歌山地検が起訴

 99年5月 和歌山地裁で初公判。カレー事件を否認

2002年12月 地裁が求刑通り死刑の判決

 05年6月 大阪高裁が控訴棄却

 09年4月 最高裁が上告棄却(翌5月に確定)

   7月 林死刑囚が地裁に再審請求

 16年9月 再審請求審で弁護団が最終書面を提出

 17年3月 地裁が再審請求に対する判断