自民党の豊田真由子衆院議員(42)=埼玉4区、当選2回=は22日、豊田氏が男性秘書に対して暴行したり暴言を浴びせたりしたとする記事を同日発売の「週刊新潮」が報じたことを受け、離党届を提出した。関係者によると、豊田氏は暴行を認め、「国会での仕事が多忙を極め、秘書に当たってしまった」と話しているという。

 週刊新潮や同誌がネット上に公開した音声、同誌から音声の提供を受けたテレビ朝日の番組によると、豊田氏は秘書のミスを理由に「私が受けた痛みがどれだけかわかるか。この野郎」「頭ぐちゃぐちゃになってひき殺されてみろ」などと発言。この間に暴力もふるったとみられる。

 豊田氏と秘書の双方から相談を受けたという元選挙事務局長の男性は、朝日新聞の取材に「豊田氏が秘書を殴り、けがをさせたのは間違いない」と語った。男性によると、豊田氏は5月19~21日、秘書を複数回、殴ったり蹴ったりしたという。男性は「豊田氏は反省し、きちんと態度を改めてもらいたい」と話した。

 報道を受け、豊田氏が所属する自民党細田派幹部が本人に離党を促した。23日告示の東京都議選への影響を抑える狙いとみられるが、直前の不祥事だけに自民党には痛手だ。安倍晋三首相は同派の下村博文幹事長代行と会談し「離党はやむを得ない」と語った。

 豊田氏は厚生労働省課長補佐を経て、2012年衆院選で初当選。文部科学政務官などを歴任した。

■当選2回の自民議員、相次ぐ不祥事

 自民党の当選2回の国会議員の不祥事や失言が後を絶たない。最近では、中川俊直氏=広島4区=が週刊誌に不倫相手とハワイでウェディング写真を撮ったと報じられ、経済産業政務官を辞任後、離党。また、大西英男氏=東京16区=は「(報道機関を)懲らしめようという気はある」「(がん患者は)働かなければいいんだよ」などと発言し、党東京都連副会長を辞任した。