FC2ブログ

記事一覧

北九州連続監禁殺人事件を題材にしたドキュメンタリー番組が夜9時から全国放送!

加害者家族ドキュメンタリー、異例の「ゴールデン」放送
滝沢文那2017年12月15日10時35分 (朝日新聞)

 男女計7人が殺害された北九州連続監禁殺人事件を題材にしたドキュメンタリー番組が、フジテレビ系で15日夜9時から全国放送される。加害者の長男(24)が初めて取材に応じ、肉声で凄惨(せいさん)な事件とその後の人生を語る。関東地区の昼のドキュメンタリー枠で好結果を出し、異例のゴールデンタイム進出を果たした。

 制作はフジテレビ。10月15、22日に2週連続で昼に放送された「ザ・ノンフィクション 人殺しの息子と呼ばれて」に、新たな取材を加え、再編集した。

 北九州市で1996~2002年に男女9人が監禁され、計7人が死亡した事件。主犯格の死刑囚(56)と実行犯の内縁の妻(55)=無期懲役が確定=の長男は発覚当時、9歳。匿名で顔は映らないが、声はそのままだ。遺体を解体する現場に立ち会った記憶や自身が受けた虐待、中学卒業後の仕事を転々とした暮らし、妻となった女性への思いなどを淡々と語る。母親からの手紙や父親との面会の様子も明かす。

 ログイン前の続き日曜昼のドキュメンタリー枠ながら、後編は10・0%を記録(ビデオリサーチ調べ)。ネットでも大きな話題を集め、フジに手紙やメールが多数寄せられたという。張江泰之チーフプロデューサー(50)は「予想以上の反響。犯罪者の子どもがどう生きたのか、自分の知らない世界を見たいと思ったのではないか」。95年の同枠創設以来初のゴールデンタイム進出となる。

 ドキュメンタリーは制作に時間がかかる上に視聴率が取りにくいとされ、民放では深夜や早朝の放送が多い。元日本テレビ報道ディレクターの水島宏明・上智大教授(テレビ報道論)は「たまたま殺人犯の息子に生まれてしまった一人の男性の物語にこだわった。ネットメディアにこそ、テレビにないリアルがあると考える人が増える中、テレビでもリアルを伝えていこうという流れにつながってほしい」と話す。(滝沢文那)




***
加害者夫婦の長男が出演して当時の心境を語るらしい。





コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

newsforest1

Author:newsforest1
三度のメシよりニュースが好き。
いろんな話題を幅広く。
もぐもぐタイムス編集長。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
1732位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
704位
アクセスランキングを見る>>

カウンター