埼玉県警杉戸署は17日、杉戸町産業廃棄物処理業「エコシス埼玉」社員の神崎利宏(47)=加須市旗井2丁目=と、ペルー国籍の仲本トミー(36)=千葉県松戸市日暮4丁目=の両容疑者を傷害致死容疑で逮捕し、発表した。

 署によると、両容疑者は同町本郷の事業所で16日昼、共謀して同僚男性(44)=春日部市=を押さえつけ、業務用の空気圧縮機でズボンの上から肛門(こうもん)に空気を注入する暴行を加え、死亡させた疑いがある。両容疑者は「普段から同僚同士ふざけて顔や臀部(でんぶ)に空気をかけあっていた」などと供述しているという。