中井孝治の目


(14日、平昌五輪スノーボード男子ハーフパイプ)

 まさに「世界最高峰」の名にふさわしい試合だった。今まで私が見てきたなかで1番レベルが高く、みんなかっこよかった。

 平野歩夢(木下グループ)の2回目とショーン・ホワイト(米)の3回目で技の難度に差はほとんどない。ジャッジのことを悪くいうつもりはないが、2回目の平野の点数(95・25)は少し辛かったと思う。「ダブルコーク1440」(縦2回転、横4回転)を連続で入れ、ミスもまったくなかった。それで1回目のショーンと1点しか差がないのは、苦しかった。

 やはりジャッジも人間なので、…