カーリングのパシフィック・アジア選手権の日本代表決定戦が18日から北海道北見市で始まる。出場する4チームが17日、市内で会見し、平昌(ピョンチャン)五輪銅メダルで地元のLS北見の選手たちも登場。五輪以降、国内大会で5人そろうのは初めてで、今季最後の大会ともなるが、マイペースな「トーク」で周囲を和ませた。

 会見冒頭、スキップの藤沢五月が「ようこそ北見市常呂町へ。いま桜が満開で、とても過ごしやすい時期」と地元をPRした。リードの吉田夕梨花は、今大会のチームのテーマを「大感謝祭」と発表し、「チームメート、スタッフ、町民やファンに、良いパフォーマンスができれば」と語った。

 藤沢が、今大会に出場する男子の平昌五輪代表SC軽井沢クに「対抗心」をあらわにする場面もあった。スキップの両角友佑が「シーズンが長いが、(今大会で)しっかりと結果を残したい」と話すと、藤沢は「私たちは昨年5月からシーズンインした。SC軽井沢クより長い」と笑わせた。さらにサードの吉田知那美が「LS北見」と言うところを「SC……」と言い間違えるミスをし、笑いが起きた。

 記念撮影では「もぐもぐタイム」もあった。大会に特別協賛する全農から長崎県産ビワや山形県産サクランボを贈られると、選手たちは味見に夢中に。関係者から記念撮影に戻るように促されていた。

 ただ、代表権獲得に向けては真剣そのもの。藤沢は「銅メダルを取ったけど、私たちはまだまだこんなもんじゃない。自分たちらしく戦いたい」と意気込んだ。

 決定戦は20日までの予定で、5試合を戦い、先に3勝したチームが代表に決まる。LS北見は富士急と、SC軽井沢クはチームIWAIと対戦する。各チームは17日、試合会場の北見市アドヴィックス常呂カーリングホールで公式練習を行い、氷の感触を確かめた。(浅野有美