FC2ブログ

記事一覧

19歳元巡査、「両親を侮辱」動機 滋賀警官射殺、家裁が指摘

19歳元巡査、「両親を侮辱」動機 滋賀警官射殺、家裁が指摘


 滋賀県警彦根署の交番で先月、巡査の少年(19)=懲戒免職=が、先輩の井本光(あきら)巡査部長(41)=警部に昇任=を射殺した事件で、大津家裁(加藤靖之裁判官)は24日、殺人と銃刀法違反(発射、加重所持)の疑いで送致された元巡査の少年審判を開き、検察官送致(逆送)とする決定をした。大津地検は10日以内に起訴するとみられ、成人と同じ公開の裁判員裁判で審理される。

 家裁は決定理由で、犯行の動機を「上司である被害者からの指導や扱いに不満や不遇感を募らせていた中、被害者に両親を侮辱されたと感じた」と指摘。犯行の悪質性や社会的影響を含む結果の重大性、動機の身勝手さを挙げ、元巡査の思考傾向の特性や反省の状況を考慮しても、刑事処分以外の措置が相当とは認められない、とした。

 家裁の決定によると、元巡査は4月11日午後7時45分ごろ、同署河瀬駅前交番(彦根市南川瀬町)で拳銃を2発発射し、井本巡査部長の後頭部と背中に命中させて殺害。さらに、逃走中の同日午後8時半ごろまでの間、不法に拳銃と実弾3発を所持したとしている。

 滋賀県警は、元巡査の供述した犯行動機について「犯行直前に書類作成の指導を受け、ストレスのようなものが一気に爆発した」などと説明していた。

【 2018年05月25日 08時28分 京都新聞】





***
新人警官によるベテラン警官殺しの動機が明らかになってきた。

「犯行直前に書類作成の指導を受け、ストレスのようなものが一気に爆発した」

とのこと。


開いた口が塞がらないとはこのことだ。

上司にムカついたときに、たまたま拳銃を持ってたから撃ったという感じか。

こんなことでいいのかな。


加害者は19歳という理由で、顔写真も実名も明らかにはされていない。








コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

newsforest1

Author:newsforest1
三度のメシよりニュースが好き。
いろんな話題を幅広く。
もぐもぐタイムス編集長。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
1732位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
704位
アクセスランキングを見る>>

カウンター