FC2ブログ

記事一覧

ソフトバンクが巨大な投資会社を買収

孫さんがついに夢を実現させた。


ソフトバンクグループは15日、約8兆円の資産を運用している米投資会社フォートレス・インベストメント・グループを他の投資家と共同で買収すると発表した。


ニューヨーク・タイムズは
「孫社長の壮大な野心を示す今まで一番予想できなかった動き」だと伝え、

ウォール・ストリート・ジャーナルは
「世界有数の資産マネジャーという長期的な計画に沿った買収」としている。


ニューヨーク・タイムズは今頃何を言ってるんだろう?





ソフトバンク、米投資会社買収で帝国拡大目指す

ITmedia NEWS 2/16(木) 10:22配信

[AP通信] 電気通信、インターネット、太陽発電などを手掛ける日本の巨大企業、ソフトバンクグループによるFortress Investment Group買収は33億ドルの規模で、孫正義氏の投資帝国構築のための新たな一歩となるものだ。

 2月15日、両社からの発表で、人工知能(AI)やIoTといった最新のテクノロジーに対する投資を行うソフトバンク・ビジョン・ファンドを成長させ補完するという自分の戦略に即座に貢献するものだと孫氏は説明している。

 「Fortressの優れた実績は言うまでもないもので、同社のリーダーシップ、広範囲な専門性、世界最高クラスの投資プラットフォームによる貢献に期待している」と発表文で孫氏は述べた。

 東京に本社を置くソフトバンクは海外での買収に積極的で、最大1兆ドル規模に増やすとしているテクノロジー分野での投資を行う自社のプライベートファンドのためのパートナー企業を求めている。孫氏は米国のスタートアップ企業に5000億ドルを投資し、5万人の雇用を生み出すとドナルド・トランプ大統領に確約した。
(日本語翻訳 ITmedia ニュース)
(C) AP通信







ソフトバンク、米投資会社を買収 10兆円ファンド運営に活用か M&A戦略加速へ

SankeiBiz 2/16(木) 8:15配信

 ソフトバンクグループは15日、約8兆円の資産を運用している米投資会社フォートレス・インベストメント・グループを他の投資家と共同で買収すると発表した。買収額は約33億ドル(約3752億円)で、ソフトバンクの出資額や持ち分は今後決まる。近く設立する予定で、10兆円規模となる見通しの「ビジョン・ファンド」の運営に生かす狙いがあるとみられる。同社はこれまでも中国のアリババ集団などへの投資で大きな成果を挙げてきたが、ファンドを活用してM&A(企業の合併・買収)戦略を加速させる構えだ。

 フォートレスは1998年に設立された。ニューヨークを本拠地とし、1700以上の投資家からの資産を未公開株や債券、不動産などで運用している。従業員は約1100人。ソフトバンクは年内に買収手続きを終える見通しで、フォートレスは現経営陣が引き続き指揮を執る。

 ソフトバンクの孫正義社長は、「フォートレスの幅広い専門知識と投資プラットホームから多くを学べることをうれしく思う」とコメント。これまでは孫社長個人の目利き力や人脈で出資の対象企業を探し出し、投資に成功してきたが、サウジアラビアの政府系ファンドなどと共同出資するビジョン・ファンドの設立により、ファンドを運営するためのノウハウも必要になると判断したようだ。

 孫社長は今月の決算説明会で「(ファンド設立で)投資の規模と速度の次元が変わる。医療など、これまで投資できなかった分野も対象になる」と強調していた。







コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

newsforest1

Author:newsforest1
三度のメシよりニュースが好き。
いろんな話題を幅広く。
もぐもぐタイムス編集長。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
1732位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
704位
アクセスランキングを見る>>

カウンター