FC2ブログ

記事一覧

冨田真由さん殺人未遂事件の裁判員裁判

求刑17年か。

こういう精神的な犯罪者は治らないと思うから無期懲役にすべきかと。

むしろ中途半端に17年とかで出したら、逆に憎悪が増幅して40代で出所したときまた殺そうとするのでは?





「じゃあ殺せ」被告、被害女性に怒鳴り退廷 小金井刺傷

朝日新聞デジタル 2/23(木) 11:38配信


 東京都小金井市で昨年5月、音楽活動をしていた冨田真由さん(21)の首などをナイフで刺したとして、殺人未遂などの罪に問われた群馬県伊勢崎市の無職岩埼(いわざき)友宏被告(28)の裁判員裁判が23日、東京地裁立川支部であった。冨田さんが出廷し、「被告はまた同じことをするので、絶対に野放しにしてはいけません」と述べたところで、岩埼被告が不規則発言を繰り返し、退廷を命じられた。

 検察側は「常軌を逸した身勝手な犯行だ」として、被告に懲役17年を求刑。冨田さんの代理人弁護士は、無期懲役にするべきだと訴えた。一方、被告の弁護側は「衝動的な犯行で計画性はない」と述べ、同じような刺傷事件での刑の重さを考慮すべきだと述べた。公判は結審し、判決は28日に言い渡される。

 冨田さんが証言する様子は、被告や傍聴席から見えないように、ついたてが設けられた。冨田さんは「絶対に許してはいけません。一方的に感情を抱いて、思い通りにならなければまた人を殺そうとする人です」と涙声で語った。

 岩埼被告は当初、無表情で聞いていたが、「野放しにしてはいけない」という冨田さんの発言に「じゃあ殺せよ」と怒鳴り、阿部浩巳裁判長が不規則発言をしないよう注意。だが、冨田さんが「また人を殺そうとする」と話したところで「殺すわけないだろう」と怒鳴ったため、開廷から約20分後に、退廷を命じられた。審理は一時中断し、再開後は検察官が被害者の思いを代読した。





■今日のキーワード
細川茂樹
俳優。事務所からの契約解除を巡る裁判で東京地裁が契約継続を認める

じゃれる 由来
「グッド!モーニング」で出題

太田莉菜
モデル。別居中とされる夫の松田龍平が離婚を決意と女性セブンが報道

Nosuke
ロックバンド・HighsidEのドラマー。歌手のmisonoと交際報道

鈴木清順
映画監督。13日、慢性閉塞性肺疾患のため93歳で死去


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

newsforest1

Author:newsforest1
三度のメシよりニュースが好き。
いろんな話題を幅広く。
もぐもぐタイムス編集長。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
1732位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
704位
アクセスランキングを見る>>

カウンター